イベント情報

 

NPOだより

 
 

体験プログラム

 

敷地図

 

 

施設案内

 

アクセス


このサイト内 ウェブ全体
この検索は「緑のgoo」を利用しています

トップへ戻る

 
昆虫教室2009冬編を終えて

昆虫教室冬編の風景。ボランティアとこども。親御さん 1月25日(日)に昆虫教室(冬編)をお子さんたちご家族の方含めて34名の参加者を迎えて実施致しました。

 活動内容は、冬山の昆虫観察・・・と言うことでした。皆さんは「昆虫」と言うと夏の雑木林や里山での昆虫採集が頭に浮かび「冬に山に入って一体、何をするのだろう?」と思うかもしれませんが、昆虫はある日突然、夏に生まれてくる訳ではありません。春には「春」の、夏には「夏」の、秋には「秋」の、冬には「冬」のそれぞれの生命の営みがあります。

昆虫教室冬編の風景。材割をしながら昆虫観察

昆虫教室冬編の風景。里山の散策をしながら昆虫たちの暮らしを学ぶ・ その季節、季節の生命の営みを知ることが、本当の昆虫飼育に役立つことであり、命の尊さや環境の大切さを学習することが出来、それこそが当NPOの昆虫教室の本来の目的であると考えています。

 生物多様性・・・とか難しい言葉ではなく、身近な昆虫の「生き様」を観察しながら、参加者それぞれが何かを知り、感じて、考えていただけることが何より大切なことなのです。

 今回の参加者も冬山での材割観察(倒木等の木を削り、中にいる昆虫の幼虫たちを観察)、多分初めての方が多かったはずです。親子・家族で感動していた顔が深く印象に残りました。また、活動後の山の空気を吸いながらのカレーライスと豚汁も美味しかったのではないでしょうか?

 今後もNPOおおひらは、子供たちに命の大切さを教え、家族の触れ合いの時間と場所を提供するために、がんばっていきたいと思っています。

 参加者の方々、又、今回参加することができなかった方は、また次回の昆虫教室には是非参加して下さい。

 最後に、今回の昆虫教室で指導してくださったボランティアの四方さん、染谷さん、本当にありがとうございました。

 親子で感動できる昆虫教室。

また、夏に活動に参加してくされ方でその時のカブトムシが産んだ幼虫の一部を「山に帰していただきたい」と持ってきてくれた方、有難うございました。「山に帰して・・・」と聞いた時には「これぞ、昆虫教室で教えたい一つである」と大変感動し、心の中で「ありがとう!」と何度もつぶやいていました。

By マッキー

自然にやさしい昆虫の採り方。四季を通じた自然を愛でる昆虫の教室が体験きる
自然と人間の森おおひらの昆虫教室の詳細はこちらから。
 
NPO法人自然と人間の森おおひら 連絡先
所在地 栃木県栃木市大平町西山田857
電話番号 0282−45−1677
Fax 050−3737−9727
(埼玉事務局) 048-734−2851
E-Mail npo-ohira@foresfeel.co.jp